夏季熱海海上花火大会2016

スポンサードリンク

この記事は3分で読めます

熱海海上花火大会は春夏秋冬一年を通じて開催される、全国でも珍しい花火大会です。

今回、メインでお伝えするのは夏季の花火大会、7日間、日曜・平日とそして子供たちにとっては夏休み。
熱海周辺は観光スポットもたくさんあります。家族で熱海を観光または泊まりがけで行くのもいいかもしれません。観覧席も設置されています。

開催日 時間 価格打上数
春季 4月9日(土),5月14日(土) 20:20~20:45 約3000発
夏季 7月24日(日),7月29日(木)
8月5日(金),8月8日(月)
8月18日(木),8月21日(日)
8月26日(金)
20:20~20:50 約5000発
秋季 9月19日(月祝) 20:20~20:45 約3000発
冬季 12月4日(日),11日(日),18日(日) 20:20~20:45 約3000発

熱海海上花火大会、昭和27年からですから、今年で65年目。押さえておきたい5つのポイントをあげてみました。
1.熱海湾は観覧スポットが多く見るのに困りません。
2.場所取り禁止区域があるので注意。
3.有料観覧席そして宿泊者専用観覧席が設置。
4.アクセスは熱海駅から徒歩で。車で行くなら場所を選んで。
5.車椅子御利用の方専用の観覧スペースあり。

■まず熱海海上花火大会2016年の概要を先にお伝えしますね。
・開催日 は上記の通り 。【雨天決行です】
・時間 20時20分〜20時50分
・打ち上げ数 約5000発
・人出 2015年は約19万7000人(7日間)
・私からのDont foget トイレの場所はチェックしましょう。公衆トイレ:5カ所と少なめです。

■そして見所は?
1.目玉は各日のフィナーレを飾る大空中ナイアガラ。会場全体から一斉に打ち上げそのスケールはまさに壮観
2.会場となる熱海湾は“花火を行うのに最高の舞台”ともいわれ、三方を山に囲まれたすり鉢状の地形なので、スタジアムのような音響効果が楽しめます。

3.わずか30分で5000発、息をつくまもなく打ち上げられる花火は熱海ならでの醍醐味です。


では押さえておきたい5つのポイント公開です.

押さえておきたいポイントNo.1
1.熱海湾は観覧スポットが多く見るのに困りません。
熱海湾に面した海のそばならどこからでも見ることができます。その中でもメインはサンビーチ海水浴場~熱海港まで海岸線一帯です。
熱海駅からの所要時間 →サンビーチまで徒歩約15分 →親水公園第1工区まで徒歩約20分)

押さえておきたいポイントNo.2
場所取り禁止区域があるので注意。
親水公園第一工区は場所取り禁止となります。シート等で場所取りされている場合、撤去・没収されます。

押さえておきたいポイントNo.3
有料観覧席そして宿泊者専用観覧席が設置。
7・8・9月、熱海湾で実施する「熱海海上花火大会」は、有料観覧席が用意されます。有料席(エアークッション付):1名1000円(4歳以上、各日1600席 ・3歳以下は無料)。
6月1日(月)より全国のセブンイレブンで発売開始(前売1300名・当日販売300名分)
開催前日までお近くのセブンイレブンにて前売券の購入ができるようになります。
「セブンチケット」サイトでインターネットによる購入も可能です。 (開催前々日まで申込み可能、店頭での発券・受取りは前日までとなります)
※当日券300枚は17:30より有料席入口(親水公園イベント広場中央)にて販売

熱海・伊豆山・伊豆湯河原の各旅館組合および寮保養所協会加盟施設にお泊りのお客様専用の観覧スペース・・こちらは宿泊すると無料です。

押さえておきたいポイントNo.4
アクセスは熱海駅から徒歩で。車で行くなら場所を選んで。
●車の場合市内駐車場はかなり混みます。そして大会終了後も歩行者優先のため出庫制限を行うとのこと。
車で行く場合は市内をさけた下記の
穴場スポットを選ぶほうがいいかもしれません。

押さえておきたいポイントNo.5
車椅子御利用の方専用の観覧スペースあり
場所/親水公園第一工区内
 (サンビーチ海水浴場寄り、ジョナサン(旧すかいらーく)前)一番下の地図を参照して下さい。

kurumaisu

※私の穴場情報を3つご紹介します。
その1 熱海サンレモ公園

熱海湾のすぐ傍にある南国ムードあふれる公園です。打上会場も近く花火がよく見えます。

その2 熱海城

「東洋のナポリ」とよばれるほどの絶景の夜景と共に、通常は17時閉場ですが、花火大会当日は時間延長で解放してくれます。
車で行かれる方におすすめです。
夜間特別営業18:00~21:00
入城料金 1000円
※城内見学料金、駐車場代含む。中学生以下無料。

その3 MOA美術館・駐車場

少し会場からは離れますが、美術館としても有名です。館内を見てから、花火どうでしょう。
こちらも車で行かれる方にはおすすめコース

最後に地図を表示しておきます参考にしてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。