第63回安倍川花火大会2016 押さえておきたい5つのポイント!

スポンサードリンク

この記事は3分で読めます

毎年、行ってる安倍川の花火。その規模は東海地方屈指の規模を誇るとともに、スケールの大きな花火が多く打ち上げられ、質量ともにハイレベルな花火大会といえます。私の感想交えて、押さえておきたい5つのポイントをあげてみました。
1.時間に余裕があるならやっぱり見るのは打ち上げ会場の河川敷
2.場所取りは根性いりますが苦労しただけの価値あり。
3.車で行くのはおすすめできません。
4.アクセスはシャトルバスがおすすめですが・・
5.穴場スポットは歩いて見つけるのがベスト。

◆まず第623回 安倍川花火大会2016年の日程・スケジュールと概要を先にお伝えしますね。

・開催日 2016年7月30日(土)小雨決行ですが荒天時は翌日の31日(日)か8月1日(月)に延期されます。
  【当日実施可否の問合せはこちらまで】
  安倍川花火大会本部 電話/054-221-7199
  電話/0180-99-5873(当日のみ)
  電話/054-200-4894(市コールセンター)
・時間  19時〜21時
・打ち上げ数 1万5000発
・人出 2015年は約60万人

・私からのDont foget  トイレの場所もチェックしましょう。30カ所、150カ基が設置されます

◆そして今年の見所は?

1.2016年も昨年同様 創作花火コンクール・・どんな花火を用意してくるのかわくわくものです。
2.安倍川橋上流の中州で打ち上げるので河川敷からの眺めは絶品
3.大型スターマインは大きな目玉。大規模な仕掛け花火、尺玉(10号)連続打ち上げなど。
4.特にクライマックスの超特大スターマインは定評あり!

■では押さえておきたい5つのポイント公開です

・ポイントNo.1 せっかく行くなら、やっぱり見るのは打ち上げ会場の河川敷
なんといってもリアルな迫力!河原で上げるので河川敷からの眺め絶品、2時間の時を忘れます。
行ってよかったと思い出になること間違いなし。
あとドリンクと虫除けスプレー携帯は必須です。

・ポイントNo.2 場所取りは根性いりますが苦労しただけの価値あり。
安倍川花火大会」は有料席がありません。しかし、場所取りは原則打ち上げ、1時間前の18時からということが決まっています。とはいうものの、河川敷ですからそこに立っているのは自由。なので年配の方たちは全然おかまいなし,朝からいらっしゃる方も。ですから早い者勝ち的なところあるのです。特に今年は土曜日、朝から行動するつもりで場所取りしましょう。

・ポイントNo.3 車で行くのはあまりおすすめできません。
公式の駐車場ありません。それと下記の通り交通規制があります。また当日はかなり混雑が予想されるので身動き取れなくなる可能性大です。下手をすると10時位まで足止めくらいます。
 どうしても車で行きたい方は駅前の駐車場(稲森パーキングは386台)に止めることになります。 交通規制のお知らせ

・ポイントNo.4  アクセスはシャトルバスがおすすめですが・・
静岡県庁南臨時バス停と静岡駅前5番のりばから運行されているシャトルバスが利用できます。
・静岡県庁:〒420-0853 静岡県静岡市葵区追手町9−6から安倍川花火大会会場
・静岡駅前5番のりばから安倍川花火大会会場
・往路 16:00~19:00頃
・復路 20:00~22:00頃
・片道運賃 190円
ですが・・・と書いたのは理由があるんです。

行きはシャトルバスですが帰りは夕涼みをしながら徒歩も視野に入れておきましょう。
静岡駅からはかなり離れていまして徒歩40分から45分は覚悟です。
小さいお子さん連れですとちょっと大変ですね。
しかし帰りのシャトルバスは一気に来場者がおしかけるので、待ってる時間で駅までに歩いて着くことも。
やはりクライマックスの打ち上げが見所になってるのでしかたないです。
みんなの流れに沿って歩いて行けばけっこうあっけなく着きますよ。

・ポイントNo.5 穴場スポットは歩いて見つけるのがベスト
打ち上げ会場から河川敷を歩いて場所を見つけるのがベストと思います。参考までに上流から見るのがオススメです。あと全体的な傾向としては焼津側の河川敷が比較的空いているようです。個人的には土手の上がいいですよ。
有名定番穴場その1,2を下記に記載しますが打ち上げ会場からは距離あります。 帰りのアクセス考えるとシャトルバスで打ち上げ会場降りたら河川敷に沿って歩いて適当な場所 確保する方が賢明だと思います。
私はそうしてます。 またタクシーもかなりの台数が往復してますから。そちらをゲットするのもいいかもしれません。

特に打ち上げ花火だけ見れればいいという方は交通規制エリア外に車駐めても十分楽しめます。 但し個人的には東海道本線は超えない方がいいと思います。花火全部見れない可能性ありだからです。

◆定番穴場情報No.1
静岡県立静岡商業高校前の土手
日本, 〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町7丁目90
打ち上げ場所から少し離れていますが花火はよく見えます。
でも最近は有名になってしまい混雑します。
◆定番穴場情報No.2
田町安倍中スポーツ広場野球場
〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町七丁目地先
ここも定番化してきましたね。比較的混雑しないのが魅力です。
但し打ち上げ花火は問題ないのですが、花火の種類によっては見づらいのが難点です。

最後に地図を表示しておきます参考にしてください

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。