アーカイブ:2015年 7月

  1. 熱海海上花火大会は春夏秋冬一年を通じて開催される、全国でも珍しい花火大会です。 今回、メインでお伝えするのは夏季の花火大会、7日間、日曜・平日とそして子供たちにとっては夏休み 熱海周辺は観光スポットもたくさん。 家族で熱海を観光または…

  2.  毎年開催される、秩父市吉田の龍勢祭、平成27年10月11日(10月第二日曜日)開催 8:40〜17:00の間、約15分間隔で約30本の龍勢の打ち上げを予定しています。  但し、11:00〜11:50の間は、椋神社例大祭祭典執行により、…

  3. 2年毎に開催される、朝比奈大龍勢、昨年2014年(平成26年)に開催されたので来年2016年(平成28年)まで待たなければなりませんが、日本古式のロケットでもありまた花火的要素もあるので調べてみました。ちなみに会場は 藤枝市殿特設会場 12…

  4. 1.花火の大きさについて 花火の大きさは「尺貫法」という日本で昔から使われていた、長さや重さの単位がつかわれています。 1寸は約3.3cmなのですが、花火の場合×3cmでその直径を表します。ですから実寸はそれより少し小さくなります。 近…

  5. 日本には安土桃山時代の後期、天正17年(1589年)7月に伊達政宗が花火を鑑賞したという記録が残っています。江戸時代の慶長18年(1613年)8月にイギリス国王のジェームス1世の使者が、現在の静岡県にあった駿府城を訪れた際に、徳川家康に花火…

  6. ふくろい遠州の花火。開催もまちかということで当日の仮橋の設置なしや交通情報が表示されました。ぜひ見てチェックしておきましょう。 2015年より自由席エリアの一部が「袋井市ふるさと防災寄付基金観覧として有料観覧席になりました…

  7. 沼津夏まつり・狩野川花火大会は市街地で打ち上げられる花火大会としては東海一の規模、2日間に渡り見れるいい花火です。今年は68回目を迎える歴史ある花火大会!お伝えしたい3つのポイントをあげてみました。1.昼から楽しむつもりで出かけるほうが…

  8. 「清水港まつり」3日間の最終日の花火大会いまや静岡県内屈指のメジャーな花火大会です。公式HPの作り込みも力はいってます。 内容も企画も練ってます一度は見たい大会ですね。 行った管理人の感想交えてお知らせしたい4つのポイントはこちら。 …

  9. 吉田町港まつり花火大会はすごいはでさはないけれど、のんびり、くっきり見れるいい花火です。今年は25回目お伝えしたい3つのポイントをあげてみました。1.ゆったりと観覧出来るのが最大の魅力2.なにも遮るものがないので、何処からでも綺麗な打ち…

  10. 焼津市は管理人にとっては一番友人が多く、今年は40回目お伝えしたい3つのポイントをあげてみました。 1.焼津新港の城之腰埠頭がベスト観覧スポット 2.立ち入り禁止区域があるので注意。 3.アクセスは焼津駅南口から徒歩で。車で行くのはおす…

RETURN TOP